トップページ >  機動戦士ガンダム【監督:富野喜幸】

機動戦士ガンダム【監督:富野喜幸】

テレビシリーズアニメとして1979年から放映された歴史に残る名作ロボットアニメ。初回放送時の視聴率は振るわなかったが、打ち切りが決まった直後から人気が上昇。放映終了半年後にバンダイから発売されたMSのプラモデルが爆発的な売れ行きを見せ、社会現象ともいえるブームを巻き起こし、数々の名言を残したアニメとしても有名である。

機動戦士ガンダム【監督:富野喜幸】の名言集

「殴ったね!?親父にもぶたれたこと無いのに!」(byアムロ・レイ)
CMでも一躍有名になった台詞。アムロがブライトに殴られて叫んだ名言。軟弱な若者であったアムロがエースパイロットへと成長していく過程を楽しめるのもガンダムの魅力である。

「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」(byシャア・アズナブル)
「シャア!謀ったな、シャアー!」(ガルマ・ザビ)

シャアが復讐を果たす瞬間の名シーンでの名言。ガンダムはアムロの成長を描くと同時に、シャア・アズナブルの壮大な復讐劇の人間ドラマでもある。

「「ガウを、木馬にぶつけてやる!私とてザビ家の男だ、無駄死にはしない!」」「ジオン公国に、栄光あれーー!」(ガルマ・ザビ)
シャアに嵌められたガルマが最後に散る時に叫ぶ名言。

「悲しいけどこれ、戦争なのよね!」(byスレッガー・ロウ)
スレッガーがビグザムに特攻する時の名言。ブラックなMADの題材にも使われた。

キャラグッズ販売店Best3

第1位あみあみ